冬の大三角と天の川

少しズームして撮影した冬の大三角と天の川です。これぐらいだとオリオン座やおおいぬ座の星の並びも目立つようになりますね。右上のおうし座アルデバランとヒアデス星団を入れるかどうかはちょっと迷いました。

冬の大三角 星景写真 天の川 星空 オリオン座 シリウス

Tamron 17-35mm F2.8-4 (23mm), 絞りF3.2, Lee Soft filter #1

Nikon Z6 (無改造)

ISO3200 10秒 x8 コンポジット

固定撮影 (Sequator使用)

天体改造をしていない普通のカメラですが彩度を高めることで赤い星雲もほのかにわかります。処理において星雲を強調するときはR(赤色)チャネルを強調するとカラーバランスが崩れてしまうので、コントラストの強調はあくまでRGBで行い、それとは別に彩度を高めるのが良いと思います。ソフトフィルターを入れることで出やすくなっている星の色も強調されるので一石二鳥です。


空高く昇った冬のダイヤモンドを落葉した桜の木の下に入って見上げる形で。三脚に載せるだけの固定撮影だと場所をあちらこちらに移動できるのが良いです。超広角レンズで見上げる構図だったので後ろ側にあった木のてっぺんも入ってしまいました。

冬のダイヤモンド 星景写真 天の川 星空 オリオン座 シリウス

Tamron 17-35mm F2.8-4 (17mm), 絞りF2.8, Lee Soft filter #1

Nikon Z6 (無改造)

ISO3200 10秒 x3 コンポジット

固定撮影 (Sequator使用)

コンポジット処理に用いているソフト Sequatorは日周運動による星の移動をコマごとに位置合わせすることで星を点像に保ちつつ、地上もそれとは別に位置合わせしてブレも抑えるという処理を簡単にしてくれるのでとても助かります。その処理の際には空の範囲を指定する必要がありますが、こういう構図で空と木の枝が入り混じっている部分もあまり細かいことは気にせず空として指定しまって大丈夫なようですね。

伊豆は首都圏から比較的アクセスしやすい地域ながら南方向に街明かりが少ないというメリットがある観測地です。ただこれらの写真はさすがに光害カブリを低減する処理を加えています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

TK_Starlight

Author:TK_Starlight
綺麗な眺めに魅かれて星空・風景・花などの写真を撮っています。

カテゴリ

検索フォーム

にほんブログ村

天体写真人気ブログ ランキング

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント

Kanao
機材データを加えていただきありがとうございます。参考になります。Z5を考えていましたが、天文写真を対象に加えるなら、少しでも高感度ノイズの低いZ6系の方が良さそうですね。タムロンのこのレンズでここまで写るなら、純正レンズとの差額をボディーに投資した方が結果が良さそうですね。

Z6かZ5か

TK_Starlight
Z6 IIだと少し値段差がありますが、Z6であればFTZやレンズとのキットがまだ販売されていることもありZ5よりむしろお得感があると思います。Z6とZ5を比べるとZ5が優れているのはダブルスロットとUSB給電ぐらいでしょうか。ですので個人的にはZ6がお薦めです。もちろんZ6 IIのほうがより良いですが品不足も出ているようですね。
私はソフトフィルターをほぼ必ず使うこともあり天体用であればこのタムロンレンズで十分です。もちろん純正Z 14-24mm F2.8Sがベストでしょうがさすがにお値段が張りますからね。。ただ一般撮影でも広角ズームを使いたいとなるとFTZがちょっと嵩張るのがマイナスポイントではあります。私はそれが嫌で一般撮影用としてはEマウント用のタムロン20mm F2.8をレンズアダプタ経由で使用しています。
非公開コメント