こぎつね座の天の川・M27付近

先月梅雨入り前の蓼科でプロミナー鏡筒で撮影した、こぎつね座の天の川の画像になります。こぎつね座といっても馴染みが少ないと思いますが、場所的には夏の大三角の真ん中あたりで、この画像はベガとアルタイルを結んだ線と天の川が交差する領域になります。こぎつね座の天体は亜鈴状星雲M27が有名ですが、惑星状星雲としては大型であるものの一般的な散光星雲よりはずっとサイズが小さいので、この画角だと画像の左中央やや上にマゼンタっぽく赤い縁取りがされている、星よりはやや大きい輝点として見えている感じになります。

こぎつね座 天の川 M27 Nikon Z6 HKIR改造

2021年6月撮影

Kowa Prominar 500mm F5.6L + マウントアダプター TX07T

Nikon Z6 HKIR改造 + HEUIB-II

ISO3200 180秒 x6 コンポジット、x6 モザイク

Kenko EQ6PRO赤道儀、PHD2 + ASI120MM Miniによるオートガイド

Adobe Lightroom Classic、Photoshop 2021による画像処理


サイズの大きな天体はないものの、M27に加えて赤い散光星雲、青い反射星雲、入り組む暗黒星雲、そして独特な色合いの天の川と様相豊かでカラフルなエリアだと思います。これまでも違った機材で何度か撮影したことはあるのですが、蓼科の良い空に助けられた写り具合、シャープなプロミナー鏡筒による締まった星像、様々な色合いと自分としては満足のいく仕上がりとなりました。


いくつかの天体の名称を入れました。散光星雲NGC6820は暗黒帯の切れ込みがありM16星雲を小型にしたような感じです。Sh2-82はこれもサイズは小さいながらもピンクと青の対比が綺麗です。や座はM27を双眼鏡で導入するときなど目印に使いますが、球状星団M71がありますし周囲には淡い赤い星雲も存在しているようですね。

こぎつね座 天の川 M27 Nikon Z6 HKIR改造
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

TK_Starlight

Author:TK_Starlight
綺麗な眺めに魅かれて星空・風景・花などの写真を撮っています。

カテゴリ

検索フォーム

にほんブログ村

天体写真人気ブログ ランキング

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント

とら次郎のとうちゃん
最後の説明を加えた写真、位置関係とかサイズなどが分かりとても良いと思いました。あまり注目はされないようですが、それでもいろいろ面白そうな対象がありますね。最近は全然晴れず、梅雨明けが待ち遠しいです。ここ東北は例年7月末なのでまだ先です。

色々な対象

TK_Starlight
この領域には色々な対象があり、ブログ用にリサイズする前の画像であちらこちらを拡大して見て自己満足で楽しんでいます。M27を撮影できる機材を持っている方なら、サイズ的にはここに挙げたNGC6820やSh2-82も狙えますね。ただM27ほど明るくはないので良い空の条件は必要かとは思います。
梅雨明けが待ち遠しいですね。そろそろ新月期ですが、さすがに今回は厳しそうで次は8月になってしまいます。最近は梅雨明けのタイミングも年ごとにばらばらでいったいいつになるのか予想できなくて困ってしまいます。
非公開コメント