ハイキングに使うカメラ用バックパック

私は3時間程度までのハイキングであればカメラ用バックパックを使っています。ハイキングでの持ち物は
  • ・ カメラ・レンズ 2kg 程度 (D750を使用していた頃)
  • ・ 水・スポーツドリング (夏なら計1.5リットルぐらい)
  • ・ 行動食 (チョコ、クッキー、ナッツ、ドライフルーツなど)
  • ・ 上着 (紅葉時期ならフリースなど)
  • ・ レインコート (透湿性があり上下に分かれているタイプ)
  • ・ ヘッドライト
といったものになります。カメラ機材で重くなって計5kgは超えるでしょうか。これだけの荷物を持ってハイキングとなるとしっかりとしたバックパックが必要です。ここでは写真を撮りながらのハイキングではどのようなバックパックが良いのか考えてみます。

いま持っているバックパックはロープロ(Lowepro)のプライマスAWというもので随分と長い間使っています。調べてみたら2007年に発売された製品ですが残念ながらもう販売されていません。
202002_primus.jpg

バックパックを完全に下ろすことなく片側のショルダーベルトから肩を抜けば、カメラを取り出したりレンズ交換ができるサイドアクセスタイプが欲しかったのですが、当時はサイドアクセスを採用していたバックパックは少なく、それがロープロ プライマスAWを選んだ理由でした。

カメラ用バックパックに求めるもの

これまでにいくつか使った経験から、ハイキングで使うカメラ用バックパックに必要だと考えるものは以下の通りです。
  • ・ カメラ機材はサイドアクセス
  • ・ カメラ機材とそれ以外のものを分けて収容できる二気室タイプ
  • ・ 背面にパッドがたっぷりあり機材保護と同時に背中への負担を軽減
  • ・ ショルダーベルトがしっかりしたパッド付で、かつ長さ調整がワンタッチ
  • ・ バックパックが左右に揺れるのを防ぐウェストベルト
  • ・ できればチェスト・ストラップ

ある程度重い荷物を運ぶバックパックとなるとショルダーベルトの長さ調整は必須です。なるべく背中全体に重さがかかるように体に合わせて長さを調整しないと、肩だけで重さを支えることになり肩が痛くなってしまいます。また歩行中にその長さを変えれば負荷がかかる体の箇所が変化するので負担を分散させることができます。長さ調整のアジャスターは垂れ下がるストラップを引っ張れば全体の長さを短くできることはすぐにわかりますが、バックパックを背負っている状態で、アジャスターの下側になる丸みをおびた部分を指で跳ね上げるようにすればワンタッチで長くすることができます。
202002_shoulder_belt_adjust.jpg

左右のショルダーベルトを引き寄せるチェスト・ストラップも肩にかかる負担を減らすのに有効です。体に合わせてチェスト・ストラップの位置は調整します。腋の下よりすこし下あたりが適切な位置になります。
202002_chest_strap.jpg

バックパックをいま選ぶなら

これらの希望にあったバックパックはなかなか見つけられないのですが、いまと同じロープロから選ぶならファストパックシリーズでしょうか。開口部が大きく開くのが最初に機材を詰め込むときにはやりやすそうですが、歩行時にカメラを取り出そうとして大きく開けすぎると他のものが落ちないかちょっと心配です。


ロープロ フォトスポーツも良いかもしれません。見た目が登山用バックパックに似ていています。大きいサイズの300だと山小屋1泊にも対応できそうですが、その大きさに荷物をいっぱいに入れるとかなり重くなるので登山用と同じく実店舗で体に合うかフィッテイングの確認が必要だと思います。小さいほうの200はハイキングにちょうどいいぐらいの大きさですね。


ハクバのアドバンスピークもよさそうです。こちらもサイズは二種類あります。カメラのストラップを引っ掛けることで首に掛かるカメラの重みをゼロにする"くびの負担がZEROフック"がついているのも興味深いところです。


ドリンクホルダーもお薦め

ハイキングなどのときにあると便利なのがショルダーベルトに取り付けられるドリンクホルダーです。上のチェスト・ストラップの画像に写っているものです。水分補給は小まめに行うことが必要ですが、ここにペットボトルや水筒を持っているとバックパックを下ろさずにすぐに水分補給ができます。またカメラ用バックだとカメラ以外のものを入れる収納部が小さいことも多いので、バックの外側に装着できると助かりますね。
よく知られているのは人気アウトドアブランド マムートのこちらでしょうか。


私はこちらのものを使っています。取り付け方の自由度が高くて使いやすいのが気に入っています。


まとめ

ハイキングに使うバックパックはカメラの取り出しやすさと体への負担の軽さを両立する必要があり、なかなか難しい買い物です。実際にハイキングで使用する中で自分にとって必要なところが何であるのか見えてきます。私もいくつかのバックパックを購入したのちに気に入ったものにたどり着きました。自分にとってのお気に入りのバックパックが見つけられると良いですね。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

TK_Starlight

Author:TK_Starlight
綺麗な眺めに魅かれて星空・風景・花などの写真を撮っています。

カテゴリ

検索フォーム

にほんブログ村

天体写真人気ブログ ランキング

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント

非公開コメント