カシオペア座からペルセウス座へ

先月撮影したカシオペア座からペルセウス座にかけての天の川の画像です。秋の撮影対象として人気のある二重星団や散光星雲IC1848・IC1805を右上に入れて、左下にはペルセウス座の淡い星雲Sh2-205, Sh2-210のあたりまでを収めました。中央下の明るい星はペルセウス座α星のミルファクになります。

カシオペア ペルセウス 天の川 秋 二重星団 IC1848 I1805 ACL200

2023年10月撮影

Askar ACL200 200mm F4

Nikon Z6 HKIR改造 + HEUIB-II

ISO3200 180秒 x4 コンポジット、x9 モザイク

Vixen AP赤道儀、PHD2 + ASI120MM Miniによるオートガイド

Adobe Lightroom Classic、Photoshop 2024による画像処理

あまり見ない構図ですが、右上と左下の星雲群はそれぞれ撮影したことがありそれを一つの構図に収めるとどうなるだろうという興味もあって撮影しました。赤緯の高い領域なので、モザイク撮影を行うと1枚1枚の傾きが大きくなり構図の調整が少し大変でした。もう少し左にふっても良かったですね。

それなりに淡い星雲を表現しようとすると強い画像処理が必要になり、そうすると特に焦点距離の短いレンズでは微光星が肥大化しやすいというところを抑えるために200mmレンズでのモザイク撮影というのに取り組んだのですが、その狙い通りにはできたかなと思います。最近の画像処理技術を身に付ければそういう苦労はないのでしょうが。。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

TK_Starlight

Author:TK_Starlight
綺麗な眺めに魅かれて星空・風景・花などの写真を撮っています。

カテゴリ

検索フォーム

にほんブログ村

天体写真人気ブログ ランキング

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント

9枚モザイクでシャープですね

Ryutao
おっしゃるとおり、あまり見かけない構図ですが、星雲の淡い部分まで良く写っていて色合いも美しいです。9枚モザイクの効果で星像も非常にシャープですね。星雲の位置関係や大きさの違いもよく分かりますので、今後、このエリアを撮影する時の参考にさせていただきます。

クラシカル?

TK_Starlight
Ryutaoさん、コメントありがとうございます。
昨今の天体写真のトレンドからすればクラシカルな仕上げなのだと思いますが、こういうトーンが好みなので自分のスタイルということなのでしょうね。全体のバランスをとるためにIC1805・IC1848は輝度を抑えて反対にSh2-205/210は輝度を上げるような処理をしています。Sh2-205/210あたりは暗黒帯の絡みで処理方法によっては何か出てくるかもと思いますが撮影例が少ないですよね。
日にちをおいて見直すとやはり構図が気になります。。赤緯が高いところでモザイク後に四角に切り取るとどうなるか見積もるのが難しかったです。そのうち再挑戦するかもしれません。
非公開コメント