南伊豆の河津桜を見てきました

暖冬のせいで例年より十日ほども早く見ごろを迎えた河津桜を南伊豆まで見に行ってきました。

みなみの桜と菜の花まつり

河津桜と言えばその名の通り河津が本場で近年は大変な人気です。何度も訪問したことがあるのですが、今年は初めて南伊豆町の みなみの桜と菜の花まつりに行ってきました。その場所はこちらです。


河津は下田の手前ですが南伊豆町は下田より先になるので30分以上遠くなります。河津ほど有名ではないので会場やその周辺の混雑具合は良いと思うのですが、行く道がほとんど河津と同じなのでどう混雑を回避するかは悩ましいところです。週末に行くのであれば朝早くの現地着が望ましいのですが、早朝だと伊豆山間部は路面凍結の可能性が高くなるので注意が必要です。

なお南伊豆ではこの桜のことは公式には河津桜とは呼ばないのだとか。替わりに みなみの桜というそうです。なのでイベント名も"みなみの桜と菜の花まつり"となっています。


青野川沿いの桜

川の両岸に植えられた桜は雰囲気は河津によく似ていますが、堤防の上の遊歩道にはフェンスが設置されていない、周囲の建物も比較的目につかないなどこちらの方が写真を撮りやすい印象を受けました。

みなみの桜と葉の花まつり

Z6, Nikon Z 24-70mm F4S (34.5mm), f/8.0, 1/250, ISO100


南伊豆 河津桜

Z6, Nikon Z 24-70mm F4S (28mm), f/7.1, 1/320, ISO100


菜の花が多い

イベント名に菜の花と入っているように川沿いから少し離れたところに菜の花畑もあるのですが、川沿いのエリアも河津に比べると菜の花が比較的多く桜との組み合わせも狙いやすいのも好印象でした。河津も以前は結構菜の花があったのですがここ最近はずいぶんと減ってしまったように思います。

南伊豆 河津桜 菜の花

Z6, Nikon Z 24-70mm F4S (51mm), f/8.0, 1/400, ISO100


堤防のところどころに排水溝がありその脇には階段が設置されているのでそういった場所からだと足場も良く撮影しやすかったです。

南伊豆 河津桜 菜の花

Z6, TAMRON 70-210mm F4 (70mm), f/4.0, 1/800, ISO100


春っぽい仕上げ

ボケを多くした画像を現像時にコントラストを下げて、その代わりに輝度・彩度をおもいっきり上げると春っぽい雰囲気になると思います。風が強くて花をアップで狙うのはレスポンスが遅いミラーレスということもあり大変でした。

南伊豆 河津桜 菜の花 春

Z6, TAMRON 70-210mm F4 (70mm), f/6.3, 1/400, ISO100


おなじく水仙を今度は広角接写気味に。地面に近い低い場所だったのでチルト液晶を使っての撮影でした。

南伊豆 河津桜 菜の花 春

Z6, Nikon Z 24-70mm F4S (28.5mm), f/6.3, 1/500, ISO100


日が傾いてきて

この日は平日だったのですが天気予報で晴れるのがお昼ぐらいからということもあり現地着は13時ごろでした。14時を過ぎると日が傾いてきたのを感じます。川の南側の桜は陰に入ってくるのでそれをどう現像するか悩みどころでした。橋の上から撮っているので川面がきちんと見える構図となり場所の雰囲気はよく出ているかと思います。

南伊豆 河津桜 青野川

Z6, Nikon Z 24-70mm F4S (24mm), f/6.3, 1/160, ISO100


2時間ほどあちらこちらで写真を撮って元の場所に戻ってきたのですが、その2時間でも光のあたり方がずいぶんと違うように感じました。これは南東方向に向かって撮っています。

南伊豆 河津桜 青野川

Z6, Nikon Z 24-70mm F4S (24mm), f/6.3, 1/250, ISO100


まとめ

南伊豆町に河津桜(みなみの桜)を見に来たのは初めてだったのですが、河津より写真撮影はしやすくなかなか良いロケーションだったと思います。今回は昼過ぎから午後にかけての撮影でしたが、菜の花が多く咲いている場所と桜との位置関係からすると朝から午前中の方が光の条件が良さそうには思いました。また機会を見つけて訪れたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

TK_Starlight

Author:TK_Starlight
綺麗な眺めに魅かれて星空・風景・花などの写真を撮っています。

カテゴリ

検索フォーム

にほんブログ村

天体写真人気ブログ ランキング

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメント

非公開コメント