唐松岳トレッキング (3) - 丸山ケルンへ

その(2)からの続きです。

上の樺 残り

扇雪渓では日差しが気になってきたので、日焼け止めを塗って、その上から虫よけスプレーをしました。使っている虫よけスプレーはこちらのものです。とくにこの時期のトレッキングではブヨが要注意なのでディートの含有量が多いものを選んでいます。ただし医薬品扱いになります。

【第2類医薬品】ムヒの虫よけムシペールα30 60mL

ここまで来れば次の丸山ケルンまであと一息なので、きちんとした休憩はそちらでとることにしました。上の樺の残り部分、階段状になっている登りを行きます。

唐松岳 登山 トレッキング 上の樺

Z6, Tamron 20mm F2.8, f/8.0, 1/200, ISO100


そうすると先ほどまでいた扇雪渓の上側に出ます。

唐松岳 登山 トレッキング 扇雪渓

Z6, Tamron 20mm F2.8, f/8.0, 1/2000, ISO100

こういう構図で撮影すると、このタムロンレンズでは水平線の見え方に歪みの影響が出ているのが気になったので、ここではLightroomのプロファイル補正を適用しています。


チングルマの花

苦労する上の樺はここまでで、この先は緩やかになりますし周囲も開けて気持ちの良い登山道です。このあたりも比較的遅くまで雪が残っている場所です。右側の木はナナカマドで白い花がついていました。

唐松岳 登山 トレッキング 丸山ケルン ナナカマド

Z6, Tamron 20mm F2.8, f/8.0, 1/250, ISO100


登山道の脇にはあちらこちらでチングルマの花が咲いています。たくさん咲いているのは良いものの背景にいい眺めを入れるのが難しい場所なので、ここでは普通に寄って撮影しました。今回はピンクのイワカガミと一緒に咲いているのをよく見かけました。

唐松岳 登山 トレッキング 丸山ケルン チングルマ イワカガミ

Z6, Tamron 20mm F2.8, f/8.0, 1/125, ISO100


この先で登山道は右へ大きく曲がります。直進も登山道のように見えますが、残雪期にのみ使用する箇所だと思います。

唐松岳 登山 トレッキング 丸山ケルン

Z6, Tamron 20mm F2.8, f/8.0, 1/160, ISO100


右に曲がるとその先は再び階段状になっており、そこを昇りきれば丸山ケルンに到着です。そのカーブのあたりから来た道を振り返りました。雲海を背景に良い感じですが、ポイントにと思って入れた登山者が逆光で暗くなり今ひとつ目立たなかったのは残念です。登山者の位置を気にして慌ててシャッターを切ったので、太陽の位置も中途半端になってしまいました。

唐松岳 登山 トレッキング 丸山ケルン

Z6, Tamron 20mm F2.8, f/8.0, 1/500, ISO100


丸山ケルンからの眺め

最後のチェックポイント、丸山ケルンに到着しました。ここからは周囲360度が素晴らしい眺めで、その眺めを楽しみながらの休憩でした。まずは北側の白馬岳側です。八方池から見上げたときは雲の中だったのですが、きれいに晴れ上がってくれました。

唐松岳 登山 トレッキング 丸山ケルン 白馬岳

Z6, Tamron 20mm F2.8, f/8.0, 1/400, ISO100

このとき時刻は7時ごろです。リフトが動き出したのが6:30だったので、リフト利用だとまだ歩き始めたばかりで八方池にもついていないぐらいですね。それでも週末はリフト開始が早いのでまだ良いのですが、平日だともう少し遅くなってしまいます。


反対の南側に見えている五竜岳です。ずいぶんと近くなりました。雲がかかっているのが良い感じです。

唐松岳 登山 トレッキング 丸山ケルン 五竜岳

Z6, Nikon Z 24-70mm F4S (44mm), f/8.0, 1/200, ISO100


白馬側からやや左手の進行方向にふって。左のギザギザが三つ連続しているのが不帰ノ嶮と呼ばれる個所で、白馬側と唐松岳をつなぐ縦走路ですが上級者限定の難所です。

唐松岳 登山 トレッキング 丸山ケルン 不帰ノ嶮

Z6, Nikon Z 24-70mm F4S (58mm), f/8.0, 1/320, ISO100


今度は進行方向に目を向けます。

唐松岳 登山 トレッキング 丸山ケルン

Z6, Nikon Z 24-70mm F4S (70mm), f/8.0, 1/400, ISO100

中央手前の小さなピークを登山道は左に巻いたのち、中央右に見えているピークを越えて唐松岳頂上へ向かいます


来た方向を見下ろせば、この小さなサイズの画像ではわかりにくいですが、右手奥の方から上の樺を抜けてくる登山道が見えます。手前の中央やや右に小さく見えている木のない場所が先ほど扇雪渓を見下ろしたところです。

唐松岳 登山 トレッキング 丸山ケルン

Z6, Nikon Z 24-70mm F4S (57mm), f/8.0, 1/640, ISO100


丸山ケルンまで来れば唐松岳頂上まではあと1時間ぐらいです。ただこの日は6時から8時の2時間が綺麗に晴れてくれた時間帯で、このあと雲との競争になってきました。夏場はどうしても気温の上昇とともに雲も増えていきますから、早い時間の行動というのが大切になってきます。

その(4)へ続きます。


唐松岳トレッキング (1) - 八方池まで

唐松岳トレッキング (2) - 八方池から扇雪渓

唐松岳トレッキング (3) - 丸山ケルンへ (この記事です。)

唐松岳トレッキング (4) - 丸山ケルンから頂上

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

TK_Starlight

Author:TK_Starlight
綺麗な眺めに魅かれて星空・風景・花などの写真を撮っています。

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

にほんブログ村

天体写真人気ブログ ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

コメント

非公開コメント